さいたま市 おいしいお米
業務用米のことならおまかせください。価格応談いたします。

ホーム澁谷米屋ヒストリー
初代の父が大宮の中山道にある明治から続く米屋の三男坊として生をうけ、学業を終えて実家の番頭として米屋稼業をしていたのですが、あくまでも三男坊、そこの店を継ぐことができません。どうしても独立して米屋稼業をしてみたいという夢がありました。  昭和30年代、大宮駅西口から15分くらいの櫛引町という見渡すかぎり畑や田んぼばかりのところにあった米の配給所が売りにでました。夢の実現ができるということで、昭和33年渋谷精米店を買い取り、屋号はそのままで、新しく渋谷米穀店が誕生します。配給所が売りにでるということは、決して経営が安定していたはずはありません。新しい商品(燃料など)に取り組み、新規のお宅にも御用聞きをしながら米屋稼業を営んできたそうです。 しかし、平成の米騒動で一変し、米屋稼業のながれが変わってしまいました。この時に、家庭用米販売から業務用米販売に経営改革して現在に至ります。 これからもおいしいおこめの安定供給を軸とし、飲食店の発展を応援する米屋を目指します。